怖いと思いきや

まとめサイトで恐怖話にありそうな話が、実は最後にオチがついている、というのにハマっている。

アパートの隣に墓場がある。
その人は霊感無いしあんまり怖い話を気にしないので、そこで暮らしていたという。

そしてお盆休みの時に帰郷する事になった。

外に出る時に背筋がヒヤッとしたんだがあまり気にしなかった。
一週間ほど帰郷し部屋に入ると背筋の凍る思いをした。
あんなに怖かった事は無い、とその人は語る。

クーラー付けっぱなしだった。

というもの。怖いのは電気代だ(笑)。

鳥人間コンテスト

2007年に3年ぶりとなる単発特別番組枠『モクスペ』が木曜19時 – 20時54分に編成され、同じく読売テレビが制作している『ベストヒット歌謡祭』と同様に同枠で放送されたが、2008年は19時台が読売テレビ制作枠にあたる月曜日に放送された。

2009年は開催中止のため、放送されなかった。2010年・2011年は金曜日に放送されたが、2012年は2008年以来4年ぶりに月曜日で放送された(月曜20時台が日本テレビ系同時ネット枠となるテレビ宮崎でも同時ネット)。2013年は水曜日に放送された。また、2007年から地上デジタル放送ではデータ放送も実施している。

2008年からは従来の通常番組のスポンサーから特別セールスに変更され、2010年では岩谷産業が特別協賛社になったことに伴い岩谷産業をメインとした複数スポンサーとなった。

西遊記

唐の時代にインドへ渡り仏教の経典を持ち帰った玄奘三蔵の長年の旅を記した地誌『大唐西域記』を基に、道教、仏教の天界に仙界、神や龍や妖怪や仙人など、虚実が入り乱れる一大伝奇小説であり、物語の縦軸に玄奘三蔵の波乱の人生を、横軸に無敵の仙猿・孫悟空の活躍を置き、玄奘三蔵一行が天竺を目指し取経を果たすまでを描いている。

『西遊記』には人間の登場人物として玄奘三蔵や唐の太宗皇帝など実在の人物が顔を並べるが、書かれている内容は完全にフィクションであり、史実とは一致しない。また、『西遊記』を映像化・舞台化する場合には主要な登場人物が男性のみとなってしまうことから、演出上、中心人物の一人である三蔵法師役には男性ではなく女性があてられることもある。

ダックスの性質

ダックスフンドの最も特徴的な容姿は、胴長短足の体型である。

顔は面長で、尾は長く、耳は下に垂れる形をしている。鼻孔が開いて空気を取り入れやすい形状で、マズルが長く鼻腔内の面積が広いため、嗅覚に優れている。鼻の色は基本的には黒だが、一部はレバー色、淡いピンク色もいる。

また、胸が十分に発達している。骨端が突き出ているので、前から見ると楕円形をしている。あばらはよく張って腹部につながっている。 短脚で、体長は長いが、引き締まった体格である。非常に筋肉質であり、向う気が強い頭部の保持と、警戒心に富んだ表情を見せる。 長い体に対して短い脚であるため、モタモタしたりする場合もあるが、歩様が制限されるほどではない。

生まれつき友好的で落ち着きがあり、神経質であったり攻撃的であったりということはない。情熱的で辛抱強い。ただ元々が猟犬であるがゆえに、時として攻撃的で負けず嫌いな性格を見せることもある。

ゲーリーカーの家系

カーの家系は代々コントラバス奏者で、カーも当たり前のように子供の時からコントラバスを始める。小さいころは、コントラバスの後ろに椅子を置いて、そこに乗って練習をしたという。その後はジュリアード音楽院でスチュアート・サンキーに師事する。公式プロ・デビューは、1962年、21歳のとき、バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックとの共演であった。その演奏を聴いて感動したクーセヴィツキー未亡人から、クーセヴィツキーが使っていた1611年製のアマティを贈られることになる。

その後彼は、コントラバスのソリストとして活躍する。どこのオーケストラにも属せず、ソロ活動だけで生計を立てる初めてのコントラバス奏者だと言われる。

2001年6月に公式の演奏会からの引退を宣言した後は、後進の指導に専念している。

納谷五郎の人物像

テアトル・エコー全盛期で、なおかつ当人も人気絶頂の時期にはギャランティの袋が立ったほど稼いでいたという逸話があるらしい。しかしそのほとんどは酒代・煙草代に消えたという。本人は「貯金は好きではない」とも語っているそうだ。

声優業確立以前から活動している他の人物同様、「声優である以前に俳優である」という姿勢とポリシーを持つ。

自身は「舞台の役を与えられたのと同じ感覚でやっていた」と語っている。「声優という呼び方は許さない」が口癖であり、『ルパン』関係や『ヤマト』関係のインタビューにおいて、ほぼ毎度開口一番に発している。

インタビュー取材の際、「“声優の”納谷悟朗さん」と呼ばれた事に憤慨して取材を断ったこともあるという。一方で、「声優」という言葉が一般的でなかったころに使われた「アテ師」という言葉にはそれほど抵抗はないらしい。納谷は生前、このことについて「(「アテ師」という言葉を)決して誇らしく使っているわけではないけれど、そんなに嫌いな言葉ではなかったです」と述べている