当選から1年 歴史に固執「反日」続く

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は19日、大統領当選から1年を迎えた。日本との国交正常化を果たし、日本の資金導入で高度経済成長を成し遂げた朴正煕(チョンヒ)元大統領を父に持つ朴大統領には当初、日韓関係の早期改善に期待がかかったが、「歴史認識」を理由に安倍晋三首相との首脳会談を拒み続けている。

 

いったいどうしたいのだろう。

そもそも何か考えはあるのだろうか。

政治的な理由なのか、個人的な思想なのか、とにかく異常なまでの反日具合である。

マスコミは韓国もそうだけど、日本でも関係の早期改善のためというが、そもそも関係が良かった時期なんてあるのか?

そんな時期があったとは思えないんだけどね。

とにかく、ありもしない歴史認識の話なんてしてもしょうがないのだから、なんらかの決断すればいいのに。

無理に付き合ってる必要ないでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です