モザンビークにODA700億円供与

モザンビークに対して今後5年間に700億円のODAを供与するそうだ。
天然ガスや石炭など、モザンビークが誇る豊富な鉱物資源や農産物を確実に確保できるようにすることが狙いとのことです。
増税をした上でODA・・・お金がないから増税をしたのではなかったのでしょうか?
確かに将来的に国のためになるのでしたらODAもいいと思います。
でも、お金がないからと増税を決めたのに他国に対して700億円をぱっと出されてしまっては、国民の理解は得られないと思います。
まずきちんと国会で話し合ってのことなのでしょうか?突然こんなことを教えられても普通は納得がいかないと思います。
首相が一人で勝手に決められたら困るのは国民ですよ・・・
もう少し国内のことに目を向けていただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です