都知事選 2強対決

細川護煕元首相が都知事選への立候補を表明したことで、選挙戦は事実上、舛添要一元厚生労働相と細川氏による「2強対決」の構図となった。

都政の安定を訴える舛添氏に対し、細川氏は「原発ゼロ」を掲げる小泉純一郎元首相とタッグを組んで一点突破を目指す。

 

田母神氏は首都直下地震を念頭に自衛隊を中心とした防災体制の強化を打ち出しており、原発問題について「十分な安全を科学的に検討し原発を使えばよい」と語るなど、取りたてて争点化しない意向だ。

 

今回の都知事選のテーマは脱原発なのでしょうか?

他にも東京オリンピックや福祉や防災のことなどもっということがあるのでは?

原発も問題ですが、都内に原発があるわけでもないじゃないですか。

もう少し都民に具体的に分かりやすく、というのは考えないのでしょうか。

 

2月が不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です