ハリルジャパン、シリアに圧勝

2018年ロシアW杯のアジア2次予選の最終戦、日本対シリアが3月29日、ホームの埼玉スタジアムで行われました。
日本は、ドルトムント所属の香川真司の芸術的なボレーなどで5-0の圧勝をし、すでに2次予選突破は確定していたものの、1位通過で、アジア最終予選に向かうことになりました。
12か国よって争われるアジア最終予選は、9月1日からスタートします。
6か国ずつ、2組に分けられて、それぞれ上位2か国がワールドカップ出場権を得ることとなります。
そして、3位のチームはプレーオフに回ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です