集団的自衛権の憲法解釈変更

安倍首相は集団的自衛権について、憲法を改正せずにこれまでの解釈を変更することにより対応することを進めている。

元々憲法や法律、裁判での判決なども断定せずにいくつかの解釈ができるように作られていると聞いたことがある。

そうやって作られているのだから、見方によって解釈が違うというのはおかしなことではないし、それによって論争が起こるのも当然のことだろう。

ただ、今回の憲法解釈変更はどうだろう?

決して集団的自衛権の行使を反対するつもりはない。

でも、今回の方法は正直解せない。

どうせ集団的自衛権を行使するのであれば、憲法を改正するのが正しいのではないだろうか。

そうすれば、すっきりする。

そう思っている人は、意外と多いんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です