確定からの期間に大差

12日に刑が執行された藤島光雄死刑囚(55)は死刑確定から執行までの期間が18年半、加賀山領治死刑囚(63)は1年4カ月で、大きな差があった。この点について谷垣禎一法相は記者会見で「期間の長短はさまざまな経緯がある。事務方に十分記録を精査してもらい、私自身も今執行すべきだと判断した」と述べるにとどめた。

 

確かに期間の違いはあるけど、だから何を問題にしたいのでしょうか?

藤島死刑囚が執行まで遅すぎる?

それとも加賀山死刑囚の執行まで早すぎる?

どちらでもないですよね。

ただ両名の執行までの期間に差があるから問題にしているだけ。

そもそも死刑が確定してから執行するまでに何年間空けなさいなんて決まりがあるわけじゃないですよね。

再審請求の可能性がある場合、それでも執行するとか聞かないし。

逆に執行しているケースは再審請求の可能性もない場合なんじゃないの?

なぜ問題にするのか理解に苦しみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です