運転士の「考えごと」で260メートルオーバーライン

22日午後11時半ごろ、兵庫県加東市上滝野宮前のJR加古川線滝野駅で、加古川発西脇市行き普通電車が本来の停止位置を約260メートル行き過ぎて停車したとのことです。
乗客約15人にけがはありませんでした。
この電車は最終電車で、運転士は「考えごとをしていてブレーキ操作が遅れた」と話しています。
電車は踏切に達しており、男性運転士は踏切の誤作動を防ぐため後退せず、約15分後にそのまま次の滝駅に向かったそうです。
前にも「考え事をしていた」として、停車位置がずれて次の駅に向かうことがありました。
同じ人でなくても、ニュースなど見て注意しないのでしょうか。
電車でのニュースが増えているので、運転士には気を引き締めてほしいと思いました。
滝野駅で待っていた乗客はいませんでしたが、同駅に下りる予定だった乗客7人のうち、6人が滝駅で下車し、1人はその次の終点、西脇市駅からタクシーで約4キロ離れた滝野駅の方向に戻り、タクシー代はJR側が負担したそうです。

ポケモンGOきっかけで人命救助

静岡県にある蓮華寺池公園で、20代の男性5人が池に落ちた70代の男性を救助した。男性らが公園にいたのはスマホゲームのポケモンGOをプレイするためだったという。
5人は地元の同級生で、職業は様々だが夜に集まってポケモンGOをしながら散歩していたという。「歩いていたら池の方から声が聞こえ、動けないようだったので警察と消防を呼んだ」と話し、2人は池に入り、全員で協力して男性を引き上げて介抱したという。
公園はポケストップがあり、プレイヤーに人気のスポットで、時間で出現するポケモンが違うのだそうだ。
本部の平口恭利消防長は感謝状を贈り「ゲームのブームのなかで人助けがあったのは幸いだった」とコメントした。
死亡事故のきっかけにもなっているスマホゲームだが、わるいところばかりではないというニュースがもっと増えればいいのにと思う。

南アルプスで男女2人死亡

31日午前11時50分ごろ、山梨県南アルプス市芦安芦倉の北岳の標高2900メートル付近で、男女2人が心肺停止状態で見つかりました。
そして、2人ともに亡くなったとのことです。
死因は低体温症と考えられます。
登山中に行方不明となった兵庫県の女性(46)と大阪府の男性(45)とみられるそうです。
29日午前6時20分ごろ、女性から携帯で「下山道が分からなくなった」と110番があり、県警や県防災ヘリが救助を試みたが、悪天候のため断念し、30日には2人はヘリに手を振るなどしていたが、台風10号の影響で救助できませんでした。
天候が回復した31日、地上からの救助隊が倒れている2人を見つけ、ヘリで助けたとのことです。
天気が悪くなければ助かっていたと考えると、とても無念ですね。
前日には無事だったのに、次の日には力尽きてしまい。
考えるだけで心苦しいです。

空知川堤防決壊

台風10号に伴う大雨の影響で増水していた北海道南富良野で空知川の堤防が決壊したという。太平橋上流で、5人を乗せた車が取り残されているそうだ。
川の水は濁流のたまま市街地に流れ込んでいる。さらに約一時間前には札内川の堤防も決壊しているという。高台に避難して水がひくのを待つしかない。今雨は上がっているとされている。
他の地域でも洪水で孤立している人はいるだろう。現状の確認が急がれる。
鬼怒川の堤防決壊もまだ記憶に新しいが、住民はほぼ避難しているようだが、車内の5人は無事なのだろうか・・・。

ポケモンを撮影、盗撮になる?

人気アプリゲーム「ポケモンGO」。プレイヤーは外にポケモンを探しに行き、画面上に“現実にいるように”表示されたポケモンにモンスターボールをぶつけて捕獲する。
先週、渋谷でポケモンGOをプレイしていた女性のスマホに珍しいポケモンが映った。女性がポケモンを撮影すると居合わせた男が自分が撮影されたと勘違いし女性の腕をつかむなどした。女性が警察に通報し男性は暴行容疑で逮捕された。
この一件どちらが悪いのだろう。人が多い場所でプレイすれば、画面に人が写り込んでしまうが、これは盗撮にあたるのだろうか。
ニュースを見る限り男は腕をつかんで「俺を撮っただろう、写真を消せ」と女性に言ったそうだ。どの程度の語気だったのかはわからないが、これくらいで警察を呼んでしまうのもどうなのだろう。お互いに落ち着いて話せるなら、画面を見せて誤解だったと和解できそうなものだが・・・。

34歳の妻殺害容…夫逮捕

18日午前11時半ごろ、神奈川県秦野市の会社員の府川晴彦(34)が妻の桂さん(34)の首を絞めて殺したとして逮捕されたとのことです。
『妻を殺した』と110番通報してきたそうです。
なぜ殺してしまったのかはまだ分かっておらず、警察が詳しく調べています。
府川さんは『首を手で絞めた』と、容疑を認めています。
一体この夫婦に何があったのでしょうか。
殺意が沸くほどの喧嘩でもしたのでしょうか…
本当に腹が立っても、殺してしまうという考えが理解できないですね。
一刻も早く解決することを願います。

酒井法子、16年ぶりのコンサート

女優で歌手の酒井法子が16年ぶりにコンサートを開くことになりました。
2016年9月22日に東京都江東区のディファ有明にて、デビュー30周年の記念公演として開催するとのことです。
現在は、歌だけでなくダンスのレッスンも積んでいて、アイドル時代をほうふつさせるステージになりそうです。
単独のコンサートは2000年11月4日の香港コンベンション&エキシビションセンターで行った公演以来です。
日本では、全国ツアーの大阪公演を吹田市文化会館で開催をし、10月30日以来のこととなります。
約1200人を動員します。
所属事務所は公式サイト上では、9月に発売予定の酒井の新アルバムに収録してほしい歌をアンケートしており、公演で歌う曲目もこの結果を参考にするとのことです。

床に液体、女性転び骨折…

横浜市旭区の相鉄線二俣川駅前の商業ビルで今月、横浜市内の高校1年の男子生徒3人がローションとみられる液体を階段にまいたため、40歳代の女性が転倒して滑り落ち、腕の骨を折る重傷を負ったそうです。
3人は神奈川県警の事情聴取に、「いたずら半分でやってしまった。こんなことになるとは思っていなかった」と話しているそうです。県警は傷害容疑の適用も検討しながら調べているとのことです。
3人は4日夜、ビルのエスカレーター降り口や外階段などに液体をまき、通る人が足を滑らせる様子を見て楽しんでいたとのこと。午後8時頃、外階段で2階から1階に下りようとした女性が転倒して左腕を骨折した。近くにいた3人が慌てて立ち去ろうとするのを不審に思った警備員が3人に声をかけ、県警に通報されたそうです。

カレイ?ヒラメ?左向きのカレイ

ヒラメとカレイはよく似た魚だ。そっくりだが顔の向きが違うため、「左ヒラメに右カレイ」で見分けられる。
しかし、新潟県で左カレイが見つかった。
6月1日新潟県糸魚川市の鮮魚店から、新潟県上越市立水族博物館に連絡があった。「変わった魚が揚がった」とのことで、職員が確認すると、左むきのヤナギムシガレイだったという。
市内でもよく見られる魚だが、向きが違うため、水族博物館ではホルマリン漬けにして展示を始めた。
県水産海洋研究所の担当者は「見たことがない。理由は不明」と話した。
パッと見ても絶対気がつかないだろう。さすが鮮魚店はプロだ。訪れる機会があったら見てみてはいかがだろうか。

熊本大分、有志が方言ガイド

熊本地震の被災地で活動する医療従事者や福祉関係者のために、福祉女学院大の二階堂整教授ら言語学有志者が、熊本、大分両県の方言で体の部位などをどう呼ぶかが分かるガイドを作成したそうだ。東日本大震災で全国から集まった医療関係者の4割近くが、診察などで現地の方言を聞き取れない経験を受けて発案したという。患者の症状を正確に把握できないと、不適切な治療や投薬につながりかねず、二階堂教授らは利用を呼び掛けているとのこと。
今回被災した熊本、大分両県では、例えば同じ「ビンタ」という言葉でも、熊本県北部では「頬」を意味するのに対し、南部では「頭」を指すこともあるように、同じような言い回しでも微妙に意味が異なる。このためガイドは、熊本県3地域と大分県南部の4地域ごとに、体の部位や医療、福祉分野で使用頻度が高い「痛い」「眠る」「寂しい」といった感情や動作を表す方言を紹介しているという。また、被災者が心を開きやすいよう、あいさつや受け答えの方言も掲載。人体に方言を書き込んだイラストも添付し、プライバシーに配慮が必要な避難所などで声を出さずに指さして使えるようにもしたそうだ。
二階堂教授は「ガイドによって、痛みの部位などをすぐに理解できるだけではなく、その土地の言葉で話しかけることで、被災者との距離を縮め、安心感につながる効果もある」と話しているという。今後は、カウンセリングやボランティアに関する方言ガイドも順次作成し、公開する方針とのこと。
ガイドは「熊本支援方言プロジェクト」で検索すると、福岡女学院大のホームページなどで入手できるそうだ。
確かに方言は聞き慣れないと聞き取れなかったり、うまく意思疎通ができないことがありそうだ。こうした細かい配慮があると、被災者や高齢者も安心だろう。