ロボットが働く未来?

ロボットが働く。それは今ではごく普通のことだ。私たちは、仕事だけでなく日常生活のほとんどを機械で作業し、効率化を図っている。
10年~20年後の未来では、国内労働人口の49%もの職業が人工知能やロボットで代替される可能性があると、野村総研が発表した。現場作業にあたる製造・販売職はその可能性が高いという。理由は、特別な知識や能力が必要なく、動的な作業が主だからだ。可能性が低いのは、医者・保育士など人を相手にする職業と、クリエイターや研究者などの抽象的な概念を扱う職業だそうだ。他者の様子を見聞きして、理解し、問題があれば解決できるよう助言し、行動する。ただ、発表された推計は、あくまでも技術的な代替可能性であり、実際に代替されるかどうかは、労働受給を含めた社会環境要因の影響も大きいが、今回の試算にそれらは含めていないとも説明されている。
他者への理解や、抽象的な概念には正解と言える答えがない。人を相手にする仕事は、ただ効率化を図ればいいというものでもない。10年後のロボットにはまだ難しいのだろうか。そして、ロボットが働く未来、私たちは何を仕事にしているのだろうか。

ローソン、「WAON」導入へ

コンビニ業界大手のローソンが、流通大手のイオンが手がける電子マネー「WAON」を来月から導入することが分かりました。
ローソンは、来月15日から全国の1万2000店以上のローソンでWAONによる支払い、チャージができるようにする方針を固めました。
WAONはイオン傘下のスーパーなどで利用できる電子マネーです。
支払いの際に提示することによってポイントがたまったり、商品の値引きなどに使うことができます。
これまでにおよそ5000万枚が発行されています。
ローソンのWAONの導入によって、セブン&アイの「nanaco」やファミリーマートで利用できるTポイントカードなど、電子マネーやポイントを利用したコンビニ各社の客の囲い込み競争はさらに激しさを増しそうですね。

資生堂の女子高生CMが話題

化粧品メーカー・資生堂の新CMが公開され、話題を呼んでいる。映像に映し出された教室には綺麗系や可愛い系の女子高生たちがそれぞれ頬杖をついたり、本を読んだり、ギターを弾いたりして過ごしているが、彼女たちには信じがたい秘密が隠されていた…。
女子高生たちに癒されつつ動画を見進めていると、横顔美人な女子が読む小説にカメラがフォーカス。そこには「この教室に男子がいたの、気づいた?」という文字が。これを境に時間が巻き戻るように”彼女たち”の変身の過程が映し出されていく。そう、なんと教室の中の全員実は男子高生、冒頭に登場した先生までもが男性だったのだ。
カメラマンとして撮影を担当した写真家の大橋仁はツイッターで「最近の仕事で一番壮絶な撮影でした。老若男女、とくに高校生などの若男女に見て欲しい」とツイート。「(監督の)柳沢翔さんの感覚とパワーと、高校生たちのサラッと見える壮絶な気合でこの作品は出来上がっています」と明かした。
ネットユーザーからは「ウインクに思いっきりハートを撃ち抜かれてしまった…」「特に先生の完成度がすごい」「化粧すげえ!」と反響の声が上がっている。
普通の男の子がパッと見女の子に見えるくらい変われる化粧品、確かに試してみたいかも?

V6「学校へ行こう!」7年ぶりの復活

ジャニーズの人気グループ、V6が出演をし、1997年から約11年間放送された人気番組、TBS系バラエティー「学校へ行こう!」が7年ぶりに一夜限りで復活をすることがわかった。
3時間の特番「学校へ行こう!2015」と題し、今秋に放送されるとのこと。
同番組は、「学校を楽しくしよう!」というコンセプトにV6のメンバーが学校などへ行き、さまざまな企画を行うバラエティー番組。
有名歌手の替え歌やダンスを披露する「B-RAP ハイスクール」などの多くの人気コーナーを生んだ。
終了後も「もう一度見たい」という声が多数寄せられたという。
今年の11月にV6がデビュー20周年を迎えることもあり、今回の一夜限りの復活が実現した。
学校の屋上から生徒たちが胸に秘めた思いを叫ぶ名物コーナーの「未成年の主張」もよみがえるという。
V6らがロケに向かう学校は今後、特設される番組ホームページで募集とのこと。
また、当時爆笑を誘った名場面も特集するという。

悲観的な脳でも楽観的に変えられる?

楽観、悲観の性格はなぜ形作られるのだろうか?オックスフォード感情神経科学センターを率いるエレーヌ・フォックス教授が2009年に発表した論文は、「セロトニン運搬遺伝子」の方が楽観・悲観を決めるのではと示唆するものだったそうだ。しかし、だとすれば性格は生まれながらの遺伝子の型で決まってしまうのだろうか。
ここで意外な人物が、自らの遺伝子を調べてほしいと教授に申し出ることになる。マイケル・J・フォックスだ。成功の絶頂でパーキンソン病にかかっていることがわかり、再起不能か、と言われるなか見事にカムバックを果たした「楽観主義」の持ち主だった。
教授は脳内で感情や気分を安定させる働きをしているセロトニンという物質に着目した。このセロトニンのレベルを保つ「セロトニン運搬遺伝子」は人によって3つのタイプがあり、それが楽観、悲観の性格を決めているのではないかという仮説をもって、このタイプとその人が楽観的か悲観的か分かる認知バイアスとの関係を調べたそうだ。
認知バイアスというのは、画像を見せた時に楽しげな楽観的な画像か、怖い悲観的な画像かどちらに最初に注意を払うかによって分かるそうだ。その結果は、セロトニンという物質がより多く出るLL型を持っている人はポジティブな画像に引き寄せられ、発現量の低いSS型、SL型の人はネガティブな画像に引き寄せられるというものだった。この研究結果は大いに人々の話題となり、マスコミにも取り上げられた。この研究結果にある楽観主義の人物が興味を持って教授に連絡してきたという。
その人物とはマイケル・J・フォックスだった。マイケルは1980年代に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで人気絶頂を極めていた。ところが、わずか28歳でパーキンソン病を発症し、人生のどん底に突き落とされたのだ。しかし、彼はあきらめなかった。粘り強く病気に相対し、苦境を逆手にとってパーキンソン病を抱える役柄で俳優復帰すると、今では自身の名を冠したTVシリーズに主演するほどの活躍を見せている。
教授はマイケルと会い、彼の遺伝子を検査した。検査の結果、意外なことにマイケルの遺伝子は悲観的なタイプに分類されるものだったそうだ。マイケルの遺伝子の型がきっかけで研究の見直しが進んだ。すると、悲観的と思われていた遺伝子の型は、実は外界の影響を受けやすい型に過ぎないことが分かったのだ。彼らはネガティブな経験をすると確かに悲観的になるのだが、ポジティブな経験をするとより高い幸福感を感じられる。逆境に打ちのめされやすい一方で、よいことからは最大の利益を引き出せるタイプだったのだ。
マイケルは幼少時、少し変わり者だと思われていたそうだ。しかし、彼の祖母は広い心で「マイケルは将来有名になるよ」と言ってマイケルを常に励ましてくれたという。そのポジティブな環境に彼のセロトニン運搬遺伝子の方はよく反応したのではないか、つまり性格は環境によって変えられるということが分かったのだ。
性格を変える方法の一つとして、ポジティブな画像を見るように訓練することで、悲観的な人が楽観的に変わっていくという実験結果が得られたそうだ。
また、失敗した時のことを考えてすべてがうまくいかないという人は、まず具体的に計画を立てて自分の挑戦をより客観的に見ることで、次第に落ち着いてみることができるようになるのだそうだ。
そして大切なのは「継続すること」。こうした努力を繰り返すことで少しづつ性格が変わり、物事もうまくいくようになるのだそうだ。脳科学とは何とも不思議なものだ。

ベスト・エアラインズトップ100

イギリスの格付け会社のスカイトラックス社は6月16日、パリ・エアショー会場にて、2015年の「THE WORLD’S BEST AIRLINES(世界のベストエアラインズ)」を発表した。
ベスト1には、カタール航空が選ばれ、日本からはANAが7位にランクインした。
カタール航空に続いて、2位にはシンガポール航空、3位はキャセイパシフィック航空が選ばれており、ベスト10の半数は、アジアの航空会社が占めている。
ベスト100を見てみると、日本の航空会社はANAのほか、21位にJAL、75位にピーチ・アビエーションがランクインした。

iPhoneのSiriを終了させる「魔法の言葉」

iPhoneのとっても便利な機能の「Siri」。
話しかけるだけですぐ検索できたり、話しかけるだけでスマホが操作できるので、普段から活用しているという人も多いのでは?
そんな「Siri」を終了させるときは、ホームボタンを押すという人が多いと思います。
ですが、ホームボタンを使わなくても、「Siri」を終了させることもできる、「魔法の言葉」をご存知でしょうか?
今回は、その「魔法の言葉」をご紹介したいと思います。
その魔法の言葉というのは・・・「さようなら」。
こう話しかけることによって、Siriは自動で終了してくれるというのです。
ちなみに、「終了します」だけでは、Siriは終了しません。「さようなら」と言うと、終了するだなんて、人間味があっておもしろいですよね。また、「バイバイ」や「Goodbye」でもOKとのことです。
ぜひあなたも試してみてはいかがでしょうか?

白雪姫のモデルのお城「アルカサル城」

スペインのセゴビアにあるアルカサル城は、<セゴビア旧市街と水道橋>の一部として、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。
アルカサルとは、スペイン語で「城」、「砦」といった意味があります。
崖にそびえたつ、セゴビアのアルカサル城は、前面に堀があり、かつて城塞として利用されていました。
中世を通し、歴代の王たちはこの場所を好んで済んだ宮殿でもあります。またそれと同時に、最重要軍事拠点でもありました。
また、薄い茶色と薄い青で統一されたレンガ造りの外装は、きれいで美しく落ち着いた雰囲気を醸し出します。まるで、おとぎ話のお城みたい!と思わず、うっとりしてしまう外観のアルカサル城。それもそのはず、アルカサル城の、美しい円錐屋根の塔の城は、ディズニーの白雪姫の城のモデルになったことでも有名なのです。もちろん、内部の内装もうっとりとするほど美しく、思わず時が経つのを忘れてしまうほど・・・。白雪姫のモデルのお城「アルカサル城」、あなたもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ねこあつめ

庭にカリカリやボールを置くとねこが来る。たったそれだけのゆるいゲーム「ねこあつめ」がTwitterで人気を集めているそうだ。「ねこあつめ」はいわゆる「放置ゲーム」というジャンルのゲーム。ねこは庭を使わせてもらったお礼に銀のにぼし、金のにぼしを置いていくそうだ。プレーヤーはにぼしをコインとしてアイテムを買い、ねこが来るのをひたすら待つ。ねこあつめの人気は爆発中でダウンロードは150万を突破し、ストアには好評のレビューが山のように書き込まれているそうだ。
爆発したきっかけの一つはTwitterだそうだ。ゲームのプレイ画面がタイムラインに投稿されると「かわいい」「癒される」とたちまち口コミが広がり、大きな宣伝もなしに大ヒットしたそうだ。ねこあつめを開発したヒットポイントによると、会社のメインであるRPG製作の息抜きにつくられたのが「ねこあつめ」だったそうだ。全然当たるとは思っておらず、半年かけて5万ダウンロードを目指していたので、いきなりのヒットに慌ててバグの対応に追われたとのこと。
ねこあつめは他のゲームと違い、キャラクターとふれあえない。集まってきたねこたちを遠くから眺め、スクリーンショットを撮るだけだ。開発者は生粋の猫好きで、ねこの良さを伝えるためにこのアプリを開発したそうだ。企画者としてはダンボールに収まるなどの「猫あるある」を共感してニヤッとしてもらうのが狙いだったようだが、意外にも「癒される」と言う声が多かったそうだ。会社側もガツガツしていないというのが、さらに好感を持たれているのかもしれない。

バレンタインにオススメの映画

もうすぐバレンタインデー。今年のバレンタインデーは土曜日ということもあって、早い時間から会ってデートをする人や、恋人同士家でゆっくり過ごす方も多いのではないでしょうか?そんなバレンタインにオススメの映画をご紹介します。
まずは、「バレンタインデー」様々な登場人物の恋模様が描かれている映画です。つぎにオススメしたいのが「ラブアクチュアリー」冬のイギリスロンドンを舞台に年齢も国籍も職業も違うさまざまな男女が繰り広げる恋模様を描いた作品です。思わず心が温まってしまうストーリーです。最後にオススメしたいのは「500日のサマー」社長秘書として入社してきたサマーに一目惚れをするトム。運命の人と信じるトムに対して、ただの友達と割り切っているサマー。甘酸っぱい恋模様です。今回ご紹介した3作品。バレンタインデーに好きな人と一緒に見るのはいかがでしょうか?